業者でも回収出来ない不要品とは

>

不用品回収業者へ依頼出来ない物

燃やせるゴミなどの一般ゴミ

生ごみはもちろんですが、通常のごみ回収で出しているような燃やせるゴミなどは不用品回収業者に出す事は出来ません。
当然プラスチックごみなども回収不可となります。

種類や開封、未開封に限らず食品全般が回収不可となるので、食品に関しては通常のごみ回収の指定日に出すようになります。

また、物としての原型を留めていないような劣化が激しい物も通常のごみ回収で処分します。
いくらブランド物の洋服などでも、あまりに汚れや劣化が激しく着用も困難な場合は不用品回収業者には出せません。

不用回収業者は、ごみの回収ではありません。
回収対象については確認をしてから依頼しましょう。
一般ごみとして処分出来る物は、きちんと分別の後、市や区の回収で出します。

危険物や特殊な物

危険物に関しても不用品回収業者に出す事は出来ません。
ガソリンや医療器具などが該当します。

危険物や産業廃棄物に関しては、それぞれ専門の業者によって特殊な処理をするためです。
医療器具などは、感染性の有無でもまた違った処理が施されます。

家庭でもキャンプなどで使うようなホワイトガソリンなどは通常のごみ回収や不用品回収業者にも出せません。
廃棄処理をしているガソリンスタンドなどで処分をお願いします。

環境のためにも、決められた廃棄処理を守る必要があります。
定められた場所以外に捨てたりすれば不法投棄となります。

生活用品の中には、分別に悩む物も出てきます。
処分に迷う物があったら、一度処理方法を確認してみましょう。


この記事をシェアする