業者でも回収出来ない不要品とは

>

様々な不用品

家庭で不用になった家電

家電に関しては、家電リサイクル法での処分をします。
家電リサイクル法には4品目、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が該当します。

購入した小売店に引き取りの申し込みをしたり、家電リサイクル協力店に依頼します。
出来る場合は自分で指定引き取り所に運搬してもかまいません。

これらの家電は不用品回収業者に依頼する事も出来ます。
自分で手配する事が困難な場合などは業者にお願いしても良いでしょう。
その場合は通常のリサイクル料と別途で出張料などがかかってくるので依頼する前に料金の確認をしておきましょう。

家電リサイクル法は、環境を守るためのものです。
不法投棄は犯罪であり罰則となります。

しっかりルールを守った処分をしましょう。

粗大ごみの処分

ダイニングテーブルやソファなども回収業者に依頼可能です。

もちろん市の粗大ごみ回収に出す事も出来ます。
その場合は回収日程の依頼をインターネットなどから申し込み、回収券をコンビニなどで購入します。

回収日の時間までに回収場所に出しておけば引き取りに来てもらえます。

個数が多い場合などで回収場所への運搬等が大変な場合は、不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。
費用については業者によって変わってくるので、確認しておきましょう。

まだ新しい物や、未使用の物であればリサイクルショップへ出すのも良い方法です。
引き取りに来てくれる店であれば、運搬の手間もありません。

不用品の状態によって回収方法を選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする