業者でも回収出来ない不要品とは

>

不用品業者に依頼出来ないものの種類

食品類などの一般ごみ

回収業者に依頼出来ない物として、食品や生ごみなどの一般ごみがあります。
生ゴミだけでなく、手をつけていない食品も含まれます。
賞味期限内であっても食品は対象外です。

これらのごみは、基本的に通常のごみの回収に出す事が基本です。
引っ越ししたばかりの時などは回収場所なども分からずにごみが溜まってしまいがちなものです。
市によって回収曜日なども異なるので、ホームページなどで確認しておきましょう。

当たり前ですが、ペットなどの動物も依頼の対象外になります。
引っ越し先で飼えなくなったからと、回収業者に引き取りを依頼する事はできません。
どうしてもペットを飼えない理由がある場合には、里親などの方法で引き取ってもらうなど対応しましょう。

危険物と思われる物

危険物に該当するものも回収の対象外となっています。
ガスボンベやガソリンや医療器具、または窃盗品と思われる物などです。

ガソリンであれば、ガソリンスタンドで引き取って処分してもらいます。
ガソリンスタンドによって、廃棄処理が可能な店舗とそうでない店舗があるので、可能なサービスステーションに問い合わせしましょう。

医療器具の場合は特殊な形態になります。
医療機器は産業廃棄物に該当するので、産業廃棄物の許可を持つ業者への回収依頼となるのです。

また、感染性の医療機器かそうでないかでも回収方法が変わってきます。
こういった医療機器は、病院などで特別産業廃棄物の許可を持つ業者に依頼するなどして、適切な処分をしているのです。


この記事をシェアする