業者でも回収出来ない不要品とは

>

会社の移転などによる処分品について

不用になった什器の処分は

オフィスなどで不用になった什器なども、不用品回収業者に依頼出来ます。
もちろん市や区での粗大ごみ回収に出す事も出来ます。

ただ什器の数なども多くなると一つ一つ手配するのは大変になってきます。
オフィスの移転や改装などで処分するものが多く出た場合など、一手に引き受けてもらえる回収業者に依頼するとスムーズです。

オフィスでの什器や機器などは、まだ充分使用できる状態の高品質な物も多くあります。
買取に対応している業者であれば、買取って事も多いでしょう。
また倉庫などを保有している場合にも、閉鎖にともなう不用品の処分もお願い出来ます。

法人対応を専門としている業者であれば、仕事に支障が出ないよう、迅速な手配をしてくれるでしょう。
急ぎの処分の時などは、時間的なロスも最小限で回収してもらえる業者を選びましょう。

パソコンの処分について

企業の不用品でも、パソコンは数多くある物の一つです。

パソコンは重要なデータが残っていると大問題になります。
なのでハードディスクの処分を適切に行う業者を選ぶ事が大前提です。
データは完全消去する必要があり、ハードディスクを破壊しない場合は、データの復元が出来ない状態であるか確認します。

書類などの処分にも注意が必要です。
万が一重要な資料が流出してしまったら取り返しがつきません。
機密文書の漏洩には細心の注意をしましょう。

その他空調機器なども回収業者に依頼出来ます。

法人対応で不用品の回収をしている業者は、こういった部分にもしっかり対応しているところが多いようです。
急な依頼にも応じてくれるところもありますが、データ等の処分については回収前にしっかり把握しておくと後々トラブルもないでしょう。


この記事をシェアする